blog知恵の輪

自分が疑問に思い学んだことを載せています!

種類が多すぎるプログラミング言語の選び方

どうも!二ナですm(__)m

 

今回はプログラミング言語について書いていきたいと思います。

 

目次

 

 

プログラミング言語には、たくさん種類があります。

 

プログラミング学ぶ理由としては、プログラマとしてお金儲けをしたいとか、仕事で必要、新しいサービスを開発したいなどといったことがあげられます。

 

プログラミングは、コンピュータさえあればよく、自分ひとりで作ることが可能です。

 

コンピュータでやりたいことを実現するためには、複数のプログラミングを学ぶことが必須です。

 

プログラミング言語はどのようにして選ぶ

 

プログラミング言語を手段として使うために学ぶ場面を考えていきましょう。

 

ほしい機能や目的を短時間で実現するためには、その目的や機能に合った最適な言語を得ればなくてはなりません。

 

そのため、作りたい内容が決まれば、実際に使う言語の数は絞ることができます。

 

しかし、就職のためにプログラミングスキルを身につけたいという人には、言語の選択肢が広すぎます。

 

選択肢が広すぎるとなにをすればいいのかわからず、やる気が出てきません。

 

例えば大学のプログラミングの講義などがその例で、作りたいものが見つからないと途中で飽きて投げだしてしまう場合が多いです。

 

C言語Javaなどは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

プログラミングをやりたいけど何をすればいいのかわからないという方は、

企業のホームぺージの採用情報などをチェックするという手もあるかもしれません。

 

高校生からはじめる プログラミング [ 吉村 総一郎 ]

価格:2,160円
(2018/5/24 17:48時点)
感想(0件)

複数のプログラミング言語が存在するのはなぜか

 

なぜこれだけプログラミング言語は存在するのでしょうか?

 

プログラミング言語が多すぎて、一度身につけたつもりでも実際は他の言語を使うことになったとか考えると不安になりますよね。

 

プログラミング言語が増えていくのは、開発者によってやりたいことが違うからです。

 

一般にあとから開発された言語のほうが、性能や機能が向上しています。

 

複数のプログラミング言語を選ぶ理由とは

 

新しい言語になればなるほどより良いものになっていくのが、プログラミングであれば、最新のプログラミング言語だけを学べばよいのではないでしょうか。

 

しかし、安全性や書きやすさなどどれか一つを高めると何かかが犠牲になります。

 

そのため一つの言語ですべてのことができるようになるというのは困難なのです。

 

そのため、プログラマは多くのプログラミング言語を学びます。

 

多くの言語を学ぶことで選択の幅が広がり結果がいいものになる可能性を高めることができます。

 

そのため、似たような言語ばかりを学習するのではなく、異なるタイプの言語を勉強していったほうが効率よく勉強することができます。

 

環境を考慮してプログラミング言語を選択する

自分の目的に合ったプログラミング言語を選ぶためには、自分の目的に合っているかどうかを考えなければなりません。

 

そこで、デスクトップアプリケーションを作りたいのかスマホアプリケーションを作りたいのかというように目的に沿った環境を考えることが大切になってきます。

 

最近では、デスクトップアプリケーションを作るにしても、C#やJavaScriptなどでも開発できます。

 

この時に配布いかに簡単にできるか、実行速度は速いのかなどが考えらえれます。

 

一般の人に使ってもらうときに、ソースコードを配布しインストールしてもらうのはこんなことです。

 

そのため、多くの場合は、ソースコードを配布するのではなく、実行ファイル形式でインストーラをつけて配布することで使ってもらいやすくします。

 

また配布後の更新や修正を行う方法も考えなければなりません。

 

スマホアプリの場合ぁプrを配布する場所が提供されていて、更新などの仕組みが容易に使えるのであれば配布のことを考え過ぎなくてもいいでしょう。

 

そのように配布が必要ないWebアプリケーションを選ぶのも一つの選択肢です。

自分のためや勉強のためならばほかの基準を考えましょう。

 

 

今回はプログラミング言語の選び方について書きました。

 

次はプログラミング言語の紹介をしていこうと思っているので、興味のある方はぜひblog知恵の輪を見に来てください。

 

では