blog知恵の輪

自分が疑問に思い学んだことを載せています!

理系学生のためのエントリシートの作成について

どうも!二ナですm(__)m

 

今回は、理系学生のためのエントリーシートについて

書いていこうと思います。

参考にしていて抱けたら幸いです。

 

目次

 

 

エントリーシートの目的

エントリーシートの目的は、

採用する側と採用される側で異なります。

 

採用する側 会いたい人を見つける手段

採用される側会いたいと思わせる手段

 

他にもあるとは思いますが、

これが一番の目的になると思います。

 

企業に貢献できるか、

企業の問題解決ができるかが

気にするところになります。

 

貢献できる能力があるかどうかは、

その人の証明できる能力や

やりたいことなどで採用する側が確認します。

 

そのため、

エントリーシートの全体像を把握することが重要です。

「私は、この会社に合っている人物です。」

このことが相手に伝われば、

採用される可能性もぐっと上がります。

 

エントリーシートの全体像

エントリーシートの全体像は大きく分けて三つあります。

 

・自己PR

過去から現在にかけて自分自身のアピールを行います。

 

・志望動機

なぜその会社にしたのか、

自分とあっていることは何かを書きます。

 

・大学時代に熱中したこと

大学時代に熱中したこと、

そして何を学んだかなどを書きます

 

・将来のビジョン

将来何をしたいかなどです。

 

基本的にこれらのことを記入します。

 

 

エントリーシート作成で意識すること

自分をどのように見てもらうのか?

一番伝えたいことはなにか?

この二つを考えてみましょう。

 

その時に、

志望企業の目標と問題解決を意識して考えてみてください。

 

企業の目標に近づくことに貢献したり、

共感したりできる人材であることをうまく伝えることが重要です。

 

文章作成の時のチェックポイント

・文章を短くする

長くても60文字以内に収めましょう。

 

・語調を統一する

ですます調で統一する事が一般的です。

 

・「そして」「また」「さらに」を多用しない

 

・自分を卑下しない

 

・短縮語は使わない

就活→就職活動など短縮語になっていないか注意しましょう。

 

・改行をうまく使って読みやすくする。

 

わかりやすい伝え方

話すときは、結論→根拠→結論というように

結論から話しましょう。

 

例えば、自己PRで強みを話すときは、

「私の強みは、△です。」

と先に強みを言うことで相手も聞きやすくなります。

自己PRの内容が決まらないときは下記のことを考えてみましょう。

 

概要:どんな経験だったか?

 

問題:どんな問題や困難だったか?

 

行動:どの問題を解決するために取った行動は?

 

成果:その問題を解決して何を得ることができたか?

 

 

志望動機は下記のことを考えましょう。

 

概要:どんな経験をしたか?

 

問題意識:どんな問題に意識を持ったか?

 

結果:問題意識からなにを考えたか?

 

 

エントリーシートや履歴書を書く際に

参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上で終わります。

 

では